絵描きのためのアトリエ|横浜・関内駅南口から徒歩3分|大人も子どもも充実のコース。油彩・日本画・水彩・人物デッサンなど豊富なクラスからお選びください。
楽絵画教室&関内アートアカデミー
TEL:045-681-7255
10:00~17:00(月~土)

膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流

武蔵野美術大学 美術館・図書館(鷹の台キャンパス)にて学内限定公開となっていた展覧会
「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」
が6月5日より、一般(学外)向けに完全予約制で公開されることが発表されました。

【武蔵野美術大学 美術館・図書館ウェブサイトより展覧会紹介】
日本画の伝統的画材である膠は、絵具と支持体をつなぎとめる素材として、多様な表現を生み出しながら、連綿と続く日本画の系譜を支えてきました。しかしながら、今日において伝統的な手工業による膠の生産は途絶えています。
本展は、本学共同研究「日本画の伝統素材『膠』に関する調査研究」の成果発表展として、膠づくりの歴史的・社会的背景を見つめ直す現地調査のドキュメントを中心に、実際の動物の皮といった実物資料、さらには当館所蔵の日本画等の膠を用いた作品表現をご紹介します。動物の骨や皮を主な原料とする膠づくりの源流をたどる旅を通して、各地の動物資源の利用とその社会史、膠がつなぐ表現の諸相を多角的に見つめます。

入館料 無料
会場 武蔵野美術大学美術館 展示室4・5
主催 武蔵野美術大学 美術館・図書館
監修 内田あぐり(武蔵野美術大学 名誉教授)

一般(学外)の展覧会公開日は
6月5日(土)・6日(日)
6月12日(土)・13日(日)
6月19日(土)・20日(日)
公開時間は入れ替え制の為下記の通りです。
①10:00-12:00、②12:30-14:30、③15:00-17:00
※6/5のみ ①12:30-14:30、②15:00-17:00

展覧会の詳細は美術館のウェブサイトをご覧ください。
武蔵野美術大学美術館・図書館

観覧には美術館のウェブサイトから、日時指定での予約が必要となります。
予約サイトはこちらから