須藤愛子展 絵・書

「須藤愛子展 絵・書」*画廊楽Ⅰ
2019年11月18日(月)~24日(日)
11:00~18:00

画廊楽では、2回目となる須藤愛子さんによる個展を開催しております。

今回の展覧会では、二科展出品の大作「Le Vent」をはじめ、初の書の展示も行っております。

絵・書のすべてが須藤愛子さんの情熱と好奇心に満ち溢れ、圧倒的な作品の力に驚くと思います。
絵も書も、唯一無二であり純粋な芸術を肌で感じられる空間となっています。

ドローイング作品も展示しております。
常識やら固定概念やらを吹き飛ばす作品です。ドローイングは主に人物をモチーフに制作されています。

↑談笑中の須藤愛子さん(中央)

さまざまな書の作品が並びます。
絵も書もすべて独学という須藤さんの鋭い感性と才能は羨ましい限りです。

二科展の中でもかなりの異才であることは間違いない須藤愛子さん。
この展覧会はぜひ絵を描いている人にこそ観てほしいと思います。こんなに自由で純粋に芸術を炸裂させている作家はそうそういません。
来場者から口々に出る羨ましいという言葉が須藤さんの作品の本質を物語っていると思います。

う~む…かなわないなぁ